着物の買取をしてもらう際に知っておきたい相場

持っている着物が、まったく着ないとなればただの箪笥の肥やしになるだけです。
いつまでも、持っておくと経年劣化をしてしまいますし、また高いだけに売るに売れないといった事であれば、尚更傷ませてしまっては勿体ないです。
着る事がないのであれば、思い切って売ることを考えてください。
その方が、着物も喜びます。
とはいえ、買取をしてもらうには、今の相場がどれくらいなのかが気になるところでしょう。
有名着物であれば、かなりの高額査定となります。
その相場として、訪問着で人間国宝の伝統工芸品とされている人物の作品であれば、大体が3万円から10万円位になります。
買ったときに比べれば、かなり低く感じてしまう金額ですが、それでも買取としてはかなりの高額査定となります。
では、一般のものであればどうでしょうか。
汚れや傷がなく、10年以内のものでり、正絹であり、しかも証紙が付いているものであれば、振袖や訪問着で大体が1万円です。
さらに袖や黒留袖、小紋といったものは6千円から7千円くらい、帯などは6千円から8千円位です。
意外に安いと思われるでしょうが、着ずに捨てることを思えば、良いと考えてください。
相場はこのようになっていても、あくまでも平均です。
買取しているお店によっては、価格が随分と違います。
高額査定をしてくれるお勧めの店は、インターネットで簡単に調べることができます。
出張で査定をしてくれるところもありますので、利用してみてください。